お宅のお庭害虫で悩んでませんか?

 奈良県中部を中心に、お庭の庭木などの害虫駆除や消毒を承っております。
 庭木を害虫から守るためにも、消毒や除草が肝心です。
 害虫の種類によっては毒をもっているものもいますので、十分注意が必要です。見た目がきれいな害虫もいますので、小さなお子様が興味本位で触ってしまうこともあるようです。
  害虫駆除の基本は捕殺ですが、害虫を一匹残らず探し出すのは困難です。薬剤散布は状況にあわせておこなえば非常に効果的です。放っておくと害虫の影響で庭木が病気にかかり、成育が悪くなったり、枯れてしまいます。定期的な害虫駆除や消毒をお勧めします。

人畜無害の液剤もありますのでご相談ください。

inserted by FC2 system

庭木の害虫駆除の料金・割引

4,000円(家の敷地面積60坪以下 税込)〜
1 まとめ割引 2,000円/1軒 (隣近所で10軒以上まとめてのご依頼)
2 まとめ割引 3,000円/1軒 (隣近所で3軒以上まとめてのご依頼)
3 年間契約 9,000円/年3回(1回あたり3,000円!!)
ただし、お水(お庭に合わせて20〜40L程)と電気はくださいネ m(_ _)m


お庭にこんな害虫いませんか?

写真をクリックすると拡大表示します。

 椿(ツバキ)や山茶花(サザンカ)などの葉につくチャドクガの幼虫です。4月から11月にかけて大量発生します。葉を食害し、さらに毒針毛に触れると、強いかぶれやかゆみを引き起こします。木を剪定して風通しを良くすることで発生を抑える効果がありますが、発生した場合は、枝ごときりとって処分してください。


 お庭のほとんどの木に発生するイラガの幼虫です。7月から10月にかけて発生し、触れると強い痛みを感じます。剪定などで木の風通しを良くし、繭や幼虫を見つけたら切り取って駆除してください。


 サクラやカキ、ハナミズキなど一般的な木に広く生息する毛虫です。6月から10月まで大量発生し、食害やふん害を引き起こします。こちらも木の風通しを良くすることや、発生を確認した早い段階で発生箇所を切り落として処分してください。


  植物の枝、茎・葉などに寄生して汁を吸うカイガラムシは、被害が進むと枝枯れから枯死にまで至ります。貝殻に似た殻をかぶって定着しているものから足があり移動するものまで多種多様です。またその排せつ物はすす病やこうやく病などの病気を誘発します。


害虫の発生しやすい時期と対処

1月〜3月
 冬の休眠期に、カイガラムシ類の害虫防除のために薬剤散布を行います。 この季節におこなうことにより大量発生を防ぐことができます。
3月〜5月
 新芽や若葉が出揃う春になると害虫や虫を媒介として病気も出やすくなるため、防除のための薬剤散布作業が必要となります。
7月〜9月
 初夏から秋口にかけての高温多湿な季節には、多くの害虫や病気が発生します。安全性に優れた防除のための薬剤散布を行います。


お問合わせ
Clean Keeperクリーンキーパー
TEL : 050-3599-5000
受付時間:8:30〜18:00(定休日は特にありません。)
携帯に転送される場合が多いです。転送の費用はお客様にはかかりません。
作業中で対応できない場合がございますが、何度かおかけ直し頂くか、
メッセージを残していただければ、後ほどご連 絡いたします。
メールでのお問い合わせも受け付けております。
inserted by FC2 system